Fortinet、標的型攻撃対策に利用できる多層型サンドボックス出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Fortinet、標的型攻撃対策に利用できる多層型サンドボックス出荷


掲載日:2014/06/09


News

 フォーティネット(Fortinet)は、未知の脅威を検出し標的型攻撃対策に利用できる多層型サンドボックスの新製品「FortiSandbox-1000D」の出荷を開始した。

 「FortiSandbox」は、多層的なファイル処理で効率的にリソースを活用でき、同社のマルウェア対策オプション「FortiGuardサブスクリプション サービス」が提供する脅威情報を利用したセキュリティを提供する。不審なコードは仮想OSで実行される前に多層型のプリフィルタにかけられ、その挙動が詳細に分析される。プリフィルタは、実効性に優れ、同社のAVエンジンやクラウドベースの脅威DBとの照会に加え、OSから独立したコードエミュレータでのシミュレーションを利用した緻密なスクリーニングが行なわれ、その後仮想マシン環境で実行し、検証される。不審なコードが検出されると、検証結果に基づいてマルウェア対策用のシグネチャがFortiGuard Labsで作成されると同時に、ほかの脅威DBも更新される。

 同社のファイアウォール/UTMアプライアンス「FortiGate」やメールセキュリティアプライアンス「FortiMail」と統合することで、より強固な標的型攻撃対策を図れる。「FortiSandbox」の検証結果に基づいて作成された新しいシグネチャは、「FortiGate」や「FortiMail」にもFortiGuardサブスクリプションサービスを利用して配信され、自動的に保護機能がアップデートされる。また、スタンドアロンでの導入や分散する「FortiGate」との統合など、ユーザの要件にあった導入を行なえる。

 今回出荷される「FortiSandbox-1000D」は、2RUで、ネットワークインタフェースとしてGbE RJ45×6、GbE SFP×2を備え、内蔵ストレージを4TB(最大8TB)搭載しているほか、冗長電源に対応している。VMのサンドボックス処理は、毎時160ファイル、AVスキャン処理は同6000ファイルで、VM数は8。


出荷日・発売日 2014年6月6日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

新日鉄興和不動産がパッチ適用を効率化、サポート終了OSの延命措置も可能に 【トレンドマイクロ】 最速0.001秒でWebサーバの改ざんを自動復旧できる具体的な方法とは? 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 高精度なポリシーセットで容易な導入・運用を可能にする次世代IDS/IPSとは 【トレンドマイクロ株式会社】
IPS IPS IPS IPS
新日鉄興和不動産がパッチ適用を効率化、サポート終了OSの延命措置も可能に 「事後対策が重要だ」と口で言うのは簡単だが、実際に対策を進める担当者にとっては大きな負担となる。効率的かつ効果的に事後対策に取り組む、現実的な手段はあるのか。 サイバー攻撃等によってサーバ内のプログラムやコンテンツを改ざんされても、改ざん発生と同時に検知、0.1秒未満で元の正常な状態に復元可能なセキュリティソフト。 高精度なポリシーセットで容易な導入・運用を可能にする次世代IDS/IPSとは

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055845


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ