提携:ケイデンスとインテル、14nm向けのツールとIPで協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ケイデンスとインテル、14nm向けのツールとIPで協業


掲載日:2014/06/09


News

 米ケイデンス・デザイン・システムズ社(ケイデンス)と米Intel Corporation(インテル)は、インテルの14nmトライゲート・プロセス・テクノロジーを、インテル・カスタム・ファウンドリーのユーザが利用できるように、両社が協業したことを発表した。

 インテル・カスタム・ファウンドリーのSoC(システム・オン・チップ)向け14nm設計プラットフォームは、クラウドのインフラ及びモバイルのアプリケーションをターゲットとしている。14nmは、3Dのトライゲート・トランジスターを利用する設計プラットフォームで、チップの動作電圧、リーク電流を低くすることによって、高い性能とエネルギー効率の組み合わせを可能にする。

 ケイデンスは、インテル22nm設計プラットフォーム向けのケイデンス・カスタム/アナログ・ツールの整備に引き続き、14nm向けのツールとIPでもインテルとの協業を進めると伝えている。

 今回の協業によって、14nmのトライゲート・プロセス向けに「Spectre APS」、「Virtuoso Schematic Editor」、「Virtuoso Layout Suite」、「Virtuoso Analog Design Environment」を含んだカスタム/アナログのフローが利用可能となると伝えている。

 両社は「Encounter Digital Implementation System」、「QRC Extraction Solution」、「Tempus Timing Signoff Solution」を利用したケイデンスのデジタル・フローの開発に関しても協業を進めていて、これらの設計フローによって、ユーザはインテルの14nmプロセス・テクノロジーのPPA(電力、性能、面積)に対するメリットを有効活用できるようになると述べている。

 また、ケイデンスは、インテル・カスタム・ファウンドリーの14nmローパワー設計プラットフォーム向けの「LPDDR4-3200 PHY」の販売も開始していると伝えている。

 ケイデンスの「LPDDR4-3200 PHY IP」は、LPDDR3のメモリと下位互換性があり、POP(パッケージ・オン・パッケージ)及びPCBシステムのメモリにも対応していると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】
文書管理 ワークフロー 検疫 検疫 統合運用管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055837



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ