提携:ケイデンスとインテル、14nm向けのツールとIPで協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ケイデンスとインテル、14nm向けのツールとIPで協業


掲載日:2014/06/09


News

 米ケイデンス・デザイン・システムズ社(ケイデンス)と米Intel Corporation(インテル)は、インテルの14nmトライゲート・プロセス・テクノロジーを、インテル・カスタム・ファウンドリーのユーザが利用できるように、両社が協業したことを発表した。

 インテル・カスタム・ファウンドリーのSoC(システム・オン・チップ)向け14nm設計プラットフォームは、クラウドのインフラ及びモバイルのアプリケーションをターゲットとしている。14nmは、3Dのトライゲート・トランジスターを利用する設計プラットフォームで、チップの動作電圧、リーク電流を低くすることによって、高い性能とエネルギー効率の組み合わせを可能にする。

 ケイデンスは、インテル22nm設計プラットフォーム向けのケイデンス・カスタム/アナログ・ツールの整備に引き続き、14nm向けのツールとIPでもインテルとの協業を進めると伝えている。

 今回の協業によって、14nmのトライゲート・プロセス向けに「Spectre APS」、「Virtuoso Schematic Editor」、「Virtuoso Layout Suite」、「Virtuoso Analog Design Environment」を含んだカスタム/アナログのフローが利用可能となると伝えている。

 両社は「Encounter Digital Implementation System」、「QRC Extraction Solution」、「Tempus Timing Signoff Solution」を利用したケイデンスのデジタル・フローの開発に関しても協業を進めていて、これらの設計フローによって、ユーザはインテルの14nmプロセス・テクノロジーのPPA(電力、性能、面積)に対するメリットを有効活用できるようになると述べている。

 また、ケイデンスは、インテル・カスタム・ファウンドリーの14nmローパワー設計プラットフォーム向けの「LPDDR4-3200 PHY」の販売も開始していると伝えている。

 ケイデンスの「LPDDR4-3200 PHY IP」は、LPDDR3のメモリと下位互換性があり、POP(パッケージ・オン・パッケージ)及びPCBシステムのメモリにも対応していると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055837



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ