採用:丸紅、顧客管理や関連文書の共有に「Salesforce1」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:丸紅、顧客管理や関連文書の共有に「Salesforce1」を導入


掲載日:2014/06/09


News

 株式会社セールスフォース・ドットコムは、丸紅株式会社が、様々な業務をモバイルと社内SNSで完結するクラウドプラットフォーム「Salesforce1」を導入したことを発表した。

 丸紅は、引合情報システムのリプレイスを行ない、顧客管理、活動履歴管理及び関連文書の共有に「Salesforce1」を活用したと伝えている。

 今回の導入では、既存システムでは数ヵ月かかった開発が同プラットフォームではほぼ数日で構築でき、市場の要求に迅速に対応できるとともに、実質的な構築コストの削減にもつながっていると述べている。

 また、同プラットフォームの特長であるモバイルへの対応により、出張先、外出先でも容易に業務情報が確認できるようになったと述べている。

 更に、同社では、5月中旬より情報企画部での同プラットフォームの導入を進めており、名刺情報の迅速な共有・管理、部門間での競合の解消やコラボレーションの強化など業務の迅速化に向けて活用を広げる予定だとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。 Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055833


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ