EMC、中堅中小向けユニファイド/バックアップストレージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、中堅中小向けユニファイド/バックアップストレージを提供


掲載日:2014/06/05


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、中堅中小向けの、ユニファイド ストレージ「VNXe3200」とバックアップストレージ「Data Domain DD2200」の提供を開始した。

 「VNXe3200」は、マルチコアを最適化する“EMC MCx”やパフォーマンスを加速させる“EMC FAST”といった機能を搭載し、自動階層化機能とフラッシュの能力を活用できるため、仮想環境上でのアプリケーションやメールなどのパフォーマンスを向上させられる。また、iSCSIやNFS(Network File System)/CIFSといった統一プロトコルに加え、FC(ファイバチャネル)にも対応した。

 「EMC Unisphere」を用いて、15分未満でNASやSANをセットアップでき、導入と管理を簡素化できる。また、2uコンフィギュレーションで100を超える仮想マシンと数百の仮想デスクトップに対応できる。シンプロビジョニングとファイルの重複排除を行なうことで容量の要件が最大半分に軽減されるほか、直接「Unisphere」から本番データのコピーを簡単に作成できる。

 「Data Domain DD2200」は、2uコンフィグレーションで最大860TBの論理容量を保護できる。10G/1Gイーサネットまたは8Gb FCのI/Oモジュールを増設できる2つのスロットが用意されている。また、「Data Domain Operating System 5.5」を搭載し、安全なマルチテナント機能でクラウド環境にも対応する。アーカイブ機能も強化され、アーカイブとバックアップの統合も可能。

 Webベースの管理ツール「Data Domain System Manager」またはSSHベースのCLI(コマンド・ライン・インターフェース)を用いて、簡素な操作で管理できる。複数の「Data Domain」システムを統合管理するオプション仮想アプライアンス「Data Domain Management Center」での管理も可能。また、SMB市場に特化したデータ非脆弱性アーキテクチャを構築するために、PRAMが装備されている。

 最小構成での価格は、「VNXe3200」が126万5000円から、「Data Domain DD2200」が220万円から(保守料など別途)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055788


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ