デジタルアーツ、ファイル暗号化・追跡でサーバーDB対応など強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルアーツ、ファイル暗号化・追跡でサーバーDB対応など強化


掲載日:2014/06/04


News

 デジタルアーツ株式会社は、企業・官公庁向けに、主要なファイルフォーマットの共有・管理・消去までを安全に制御できる、パスワード不要のファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」で、オンプレミス版のエンタープライズサーバーのDBの対応を強化し、クライアントの処理速度を向上させた「『FinalCode』Ver.4.1」の提供を開始した。また、「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルをiOS端末から閲覧できる専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader」の提供を6月中に開始する。

 「『FinalCode』Ver.4.1」では、「FinalCode」を自社で管理運用したい企業向けの「FinalCode Enterprise(オンプレミス版)」で、従来、対応していたDBサーバーに「Oracle Database 12c」「PostgreSQL 9.3」が追加されたことで、大規模運用の企業にも対応できる。また、「FinalCode」を使用できる対象アプリケーションが追加され、クライアントの処理速度を向上させたほか、「FinalCode」化されたファイルのアイコン表示を、Excel・Word・PowerPoint・PDFといった拡張子のアイコンのデザインまたは既存の「FinalCode」のデザインから選択でき、保存後のファイル管理を容易に行なえる。

 iOS端末専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader」(App Storeからダウンロード)が提供されることで、ファイル送信者が受信者に「FinalCode」へのアクセス権限を付与していれば、「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルの受信者が、外出先や海外出張などで業務上利用するiOS端末(iOS 7対象)からそのファイルを閲覧できる。また、iOS端末にダウンロードされたPDFファイルは、送信者が管理画面を操作することで、リモートで削除できるほか、アプリの表示言語を日本語/英語から選択できる。

 また、動作検証済みアプリケーションに、Microsoft製のVisio 2013/2007とAccess 2013/2010/2007、ジャストシステム製の「一太郎 2014 徹」、富士ゼロックス製の「TIFF Viewer Ver.1.0.6」、「LibreOffice 3.5.x/4.1.0〜4.2.3」、ダッソー・システムズ製の「CATIA V5R20」(暗号化は「FinalCode for CAD」のみ可能)が追加されたほか、システム動作環境が拡充され、「FinalCode for ECM」で「CentOS 5/6」64ビットが追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055760


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ