採用:CYBERNET、大阪大学に大型3Dタイルドディスプレイを設置

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CYBERNET、大阪大学に大型3Dタイルドディスプレイを設置


掲載日:2014/06/04


News

 サイバネットシステム株式会社(CYBERNET)は、大阪大学サイバーメディアセンターが導入した“大規模可視化システム”に“大型3Dタイルドディスプレイ”2式を構築したと発表した。

 大阪大学は、“京”を中核として全国の主要なスーパーコンピュータを高速ネットワークでつなぐ“革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ”(HPCI)に参画しているという。

 大阪大学サイバーメディアセンターでは、先端科学研究支援の一環として、高性能計算と可視化に力を入れてきたが、システムの老朽化により大規模な計算結果を表示できなくなりつつあったとしている。また、HPCIの整備が進み、計算資源やストレージがネットワークで結ばれ、シングルサインオンで利用できる環境が整ったとして、今回、HPCIと連携できる“大規模可視化システム”を、吹田キャンパス内、豊中キャンパス内・豊中データステーション、及びうめきた拠点に導入したと述べている。

 同システムは、計算シミュレーションや科学的可視化などの目的で導入され、大型・高精細・3Dという3つの特徴を備える“大型3Dタイルドディスプレイ”2式と、日本電気株式が構築した、ソフトウェア設定でのハードウェア構成変更を可能にする“フレキシブルリソースプールシステム”1式により構成されていると伝えている。

 “大型3Dタイルドディスプレイ”は、大規模データの“全体像の把握”と“詳細の観察”をいずれも行ないたい場合に適していて、3次元データを実物大で立体表示できるほか、インタラクティブに様々な角度から観察できるといったの特徴を持つ。

 豊中キャンパスに設置された“24面フラット3Dディスプレイ”は、サイズが横6.5m×縦2.4mで、1920×1080ドット(フルHD)の50インチプロジェクションモジュールを24台用いて、水平150度程度の広視野と約5000万ピクセルの高精細を同時に可能にする。

 うめきた拠点に設置された“15面シリンドリカル3Dディスプレイ”は、サイズが横5.1m×縦1.7mで、1366×768ドット(HD)の46インチ液晶モニタを15台用いて、シリンドリカル(円筒形)に配置されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055750


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ