採用:アシスト、阪急阪神ホテルズの宴会システム基盤を提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アシスト、阪急阪神ホテルズの宴会システム基盤を提供


掲載日:2014/06/04


News

 株式会社アシストは、同社が提供するデスクトップ仮想化製品「Ericom PowerTerm WebConnect」(PTWC)が、株式会社阪急阪神ホテルズの宴会システムのインフラ基盤として採用されたと発表した。

 「PTWC」は、SBC、VDIへのアクセスを提供するクライアント仮想化ソリューション。シンクライアント、iPadなどのマルチデバイスでの利用や3G回線でもリモートデスクトップを利用できる「Ericom Blaze」、ブラウザをクライアントとして利用できる「AccessNow」で様々なワークスタイルを支援する。

 同ソリューションを利用したシステムの提案及びインフラ構築は、阪急阪神東宝グループの戦略ITビジネス企業であるアイテック阪急阪神株式会社が行なったという。

 同社は、仮想化提案力の強化のため、2012年に同ソリューションの調査を行ない、他社クライアント仮想化製品に比べライセンス価格が半分以下であること、様々なクライアントデバイスに対してVDI、RDS/TS、物理マシンへのアクセスを可能にする点に着目していたと伝えている。

 今回、阪急阪神ホテルズの宴会システム刷新案件が生じたため、同ソリューションの検証を実施し、同ソリューションを使ったシステム・リプレースを提案したと述べている。

 提案においては、狭帯域WANにおいてRDPとは対照的な描画性能の高さや、多重アクセスによる負荷テストで示した高い処理性能、ローカル・プリンターへ印刷出力可能な点、インストール、設定が容易であることを評価したと伝えている。

 提案の結果、コスト、高機能、品質の総合力が評価され、同ソリューションが宴会システムのインフラ基盤として採用されたと述べている。同システムは、2013年6月に完成し、阪急阪神ホテルズが運営する各ホテルへ段階的に展開されたとしている。

 アイテック阪急阪神では、同ソリューションは導入に手がかからずインフラ設計に注力できたことや、システム稼働後の運用でも問題が発生していないことを高く評価していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

シンクライアントによるセキュリティ対策はVDIだけではない 【日立製作所】 重要情報を守りたいけどコストは下げたい――そんな企業を救う“特効薬”とは? 【株式会社日立製作所】 11社の事例で解説、ワークスタイル変革を実現する秘訣 【富士通】 デスクトップ仮想化の新たな選択肢「デリバリーDaaS」とは? 【日立製作所】 Pure Storage FlashArray//m 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
VDI VDI VDI VDI VDI
VDIは情報漏えい対策に有効だが、全社展開には非常に高いコストが掛かる。目的次第では他のソリューションと組み合わせたアイデアで、課題を解決できる可能性がある。 重要情報を守りたいけどコストは下げたい――そんな企業を救う“特効薬”とは? 11社の事例で解説、ワークスタイル変革を実現する秘訣 高い!運用が面倒!は過去の話? デスクトップ仮想化に新手法 VDIの高速性と運用性を両立、京都橘大学がオールフラッシュ導入で成功した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055747


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ