ドコモ、法人チャネルにおいてEvernote Businessの販売を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、法人チャネルにおいてEvernote Businessの販売を開始


掲載日:2014/05/29


News

 株式会社NTTドコモ(ドコモ)は、Evernote Corporation(Evernote)とEvernoteが提供する法人向けクラウドサービス「Evernote Business」の販売代理店契約を締結し、7月1日よりドコモ法人チャネルにおいて販売を開始すると発表した。

 「Evernote」は、メモ、写真、音声、動画といった情報を記録し、様々な端末から引き出せるクラウドサービス。

 法人向けサービス「Evernote Business」では、議事録のようなテキストメモや、提案資料、ビジネスドキュメント、名刺、音声データ、Webページなど、業務に必要な情報をクラウドに蓄積し、部署やプロジェクトチーム単位で共有でき、管理者による利用ユーザの登録・削除やノートブックの閲覧権限設定など、企業や組織での利用を想定した管理者向け機能も備えている。

 ドコモは、法人向けクラウドサービス「ビジネスプラス」のラインアップに「Evernote Business」を追加し、法人向けサイト「ドコモビジネスオンライン」にて販売を開始するほか、サービス導入及び運用のサポートを提供するとしている。

 料金は1アカウントあたり年額1万2000円で、ドコモが発行する請求書で支払うことができる。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SFAを活用した脱Excelの顧客管理法が営業にもたらす5つのメリット_JUST.SFA 【ジャストシステム】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】
SFA PKI ワークフロー 文書管理 ワークフロー
名刺管理とSFAをつなげることで実現する「脱Excelの顧客管理法」によって、これまでの営業活動が具体的にどう変わるのか。5つのメリットを取り上げて解説。 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 契約業務を完全デジタル化する方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055626



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ