提携:DNP、MKSと提携し東南アジア中心にICカード等の市場開拓

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:DNP、MKSと提携し東南アジア中心にICカード等の市場開拓


掲載日:2014/05/27


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、ベトナムMK Smart Joint Stock Company(MKS)と、3月27日付で業務・資本提携を行なうことで合意し、近日MKSの株式の一部を正式に取得する予定だと発表した。

 DNPは、ICカードの製造・発行やソフトウェア開発などに取り組み、金融、通信、流通、交通など様々な分野にICカード及び関連システムを提供している。一方MKSは、ベトナムで国際ブランドのクレジットカードの製造・発行者認定を取得し、金融、通信などのICカードを供給している。

 東南アジア地域では、クレジットカードやプリペイドカード、携帯電話用SIMカード、交通乗車券、ETCカードなどの様々な用途でICカードの普及が進み、急速な市場の拡大が期待されていることや、同地域への日本企業の進出も相次いでいることから、両社の提携によって、東南アジア市場での需要拡大に対応するとともに、DNPのICカード関連の技術力をMKSに提供してグローバル市場における競争力の強化を図ることとしたと伝えている。

 また、今後ベトナムにおいて需要拡大が予想されるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)についても、MKSのハノイとホーチミンの工場を活用し、日本でのBPO事業で培ったDNPのノウハウを提供することで、展開を加速していくと述べている。

 DNPは、MKSの発行済み株式の36.33%を取得し、両社は、DNPのICカードの製造やソフトウェア開発のノウハウと、MKSのカード製造能力などを相互に活用すると伝えている。

 具体的には、DNPはICカード製造・開発技術をMKSに供与し、MKSはベトナムにおけるICカードの製造・販売を担当するほか、東南アジアに進出する日系企業などからDNPが受注した製品の製造をMKSへ委託すると述べている。

 今後、両社は東南アジア地域を中心に全世界に向けて、金融、通信、流通、交通などの分野の日系企業、グローバル企業、現地企業に対し、ICカードをはじめとするカードやビジネスフォームを提供するほか、同地域のニーズに合わせた製品の共同開発なども行なっていくとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

つながらないコールセンターを解決、鍵はデータによる可視化と改善 【NTTコミュニケーションズ】 飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力 【富士通株式会社】 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか 【ソフトブレーン】 ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい? 【デル株式会社】 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 【Splunk Services Japan】
コールセンター/CTI CRM SFA IT資産管理 統合ログ管理
つながらないコールセンターを解決、鍵はデータによる可視化と改善 飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい? 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055562



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ