提携:DNP、MKSと提携し東南アジア中心にICカード等の市場開拓

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:DNP、MKSと提携し東南アジア中心にICカード等の市場開拓


掲載日:2014/05/27


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、ベトナムMK Smart Joint Stock Company(MKS)と、3月27日付で業務・資本提携を行なうことで合意し、近日MKSの株式の一部を正式に取得する予定だと発表した。

 DNPは、ICカードの製造・発行やソフトウェア開発などに取り組み、金融、通信、流通、交通など様々な分野にICカード及び関連システムを提供している。一方MKSは、ベトナムで国際ブランドのクレジットカードの製造・発行者認定を取得し、金融、通信などのICカードを供給している。

 東南アジア地域では、クレジットカードやプリペイドカード、携帯電話用SIMカード、交通乗車券、ETCカードなどの様々な用途でICカードの普及が進み、急速な市場の拡大が期待されていることや、同地域への日本企業の進出も相次いでいることから、両社の提携によって、東南アジア市場での需要拡大に対応するとともに、DNPのICカード関連の技術力をMKSに提供してグローバル市場における競争力の強化を図ることとしたと伝えている。

 また、今後ベトナムにおいて需要拡大が予想されるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)についても、MKSのハノイとホーチミンの工場を活用し、日本でのBPO事業で培ったDNPのノウハウを提供することで、展開を加速していくと述べている。

 DNPは、MKSの発行済み株式の36.33%を取得し、両社は、DNPのICカードの製造やソフトウェア開発のノウハウと、MKSのカード製造能力などを相互に活用すると伝えている。

 具体的には、DNPはICカード製造・開発技術をMKSに供与し、MKSはベトナムにおけるICカードの製造・販売を担当するほか、東南アジアに進出する日系企業などからDNPが受注した製品の製造をMKSへ委託すると述べている。

 今後、両社は東南アジア地域を中心に全世界に向けて、金融、通信、流通、交通などの分野の日系企業、グローバル企業、現地企業に対し、ICカードをはじめとするカードやビジネスフォームを提供するほか、同地域のニーズに合わせた製品の共同開発なども行なっていくとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 【SAS Institute Japan】 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 【SAS Institute Japan】 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する? 【SAS Institute Japan】
CRM CRM データ分析ソリューション データ分析ソリューション 在庫管理システム
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055562



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ