ソフトブレーン、SFAの顧客情報一括取り込み機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトブレーン、SFAの顧客情報一括取り込み機能を強化


掲載日:2014/05/27


News

 ソフトブレーン株式会社は、中小企業向けのSFA(営業支援システム)「eセールスマネージャーnano」に、株式会社オービックビジネスコンサルタントの会計管理ソフト「勘定奉行」と、弥生株式会社の「弥生会計」の顧客情報をインポートできる機能を追加した。

 今回追加された機能では、「勘定奉行」や「弥生会計」に登録済みの顧客情報をそのまま「eセールスマネージャーnano」に流用できる。顧客情報のマスタ登録が完了した状態で、営業担当者がSFAの使用を開始できることで、早期活用/定着を図れる。

 対応製品は、「勘定奉行i8」と「勘定奉行21」シリーズ(Ver.5以降)で、「弥生会計」はバージョンを問わない。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、その営業改善策とは? 【富士通】 クラウド導入に伴う課題に対して企業はどのように乗り越えたか 【株式会社セールスフォース・ドットコム】 GEOCRM.com 【ナレッジスイート】 インサイドセールス成功の3条件 【WEIC】 インサイドセールス実践ガイド 売上達成に向けた設計の重要点 【WEIC】
SFA SFA SFA SFA SFA
「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは? 2社の事例から学ぶ、予測困難なビジネスを支えるクラウド活用術 企業情報や訪問記録を地図に紐付けて見込み顧客を育成・管理・活用できるフィールドセールスに最適な顧客管理サービス。 インサイドセールス成功の3条件――リード獲得と商談創出の仕組みはどう作る? インサイドセールス実践ガイド――売上達成に向けた「設計」の重要ポイント

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055560


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ