ソフトブレーン、SFAの顧客情報一括取り込み機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトブレーン、SFAの顧客情報一括取り込み機能を強化


掲載日:2014/05/27


News

 ソフトブレーン株式会社は、中小企業向けのSFA(営業支援システム)「eセールスマネージャーnano」に、株式会社オービックビジネスコンサルタントの会計管理ソフト「勘定奉行」と、弥生株式会社の「弥生会計」の顧客情報をインポートできる機能を追加した。

 今回追加された機能では、「勘定奉行」や「弥生会計」に登録済みの顧客情報をそのまま「eセールスマネージャーnano」に流用できる。顧客情報のマスタ登録が完了した状態で、営業担当者がSFAの使用を開始できることで、早期活用/定着を図れる。

 対応製品は、「勘定奉行i8」と「勘定奉行21」シリーズ(Ver.5以降)で、「弥生会計」はバージョンを問わない。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、その営業改善策とは? 【富士通】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介 【株式会社ジャストシステム】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 見込み客を見つける鑑定眼を営業スタッフが持つために役立つSFA 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは? 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法 Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由 日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法 確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055560


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ