ムービット、インターネットサーバを仮想基盤で容易に構築可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ムービット、インターネットサーバを仮想基盤で容易に構築可能に


掲載日:2014/05/26


News

 株式会社ムービットは、インターネットサーバ「Powered BLUE 860」を、仮想基盤のCloudStackやCitrix CloudPlathome上に仮想アプライアンスを容易に構築できるイメージテンプレート形式で、5月27日に発売する。

 「Powered BLUE 860」シリーズは、インターネットサーバ(メール/DNS/Web/FTP/Syslog/Webメール)機能を1台で運用できるアプライアンス製品。今回、オープンソースのクラウド基盤「Apache CloudStack」や、商用のクラウド基盤「Citrix CloudPlathome」上で仮想アプライアンスを運用する際に、容易にインターネットサーバを導入・運用できる、仮想アプライアンスのイメージテンプレートで提供される。

 「Powered BLUE 860」の機能では、インターネットサーバ機能に加え、ログサーバ機能が強化されていて、クラウド上に分散の複数のサーバーからログを収集したり、クラウド上のサーバーへのログ保管などを容易に構築できる。ログの送信・中継・受信の機能を備え、送受信のプロトコルは、UDP/TCPに加え、TLS(暗号化)通信をサポートし、クラウド上に分散したログの送信元から受信先のサーバーまでの経路をTLSの暗号化で運用したり、送信・中継する際の複数サーバへのログ送信などの冗長化運用にも対応している。また、指定キーワードを利用したログのトラップや、ログローテーション回数を任意に指定したログの長期保存も行なえる。

 ハイパーバイザーとしてXenServer、Xen、KVMに対応したvhd形式またはqcow2形式のイメージテンプレートで提供され、Apache CloudStackまたはCitrix CloudPlathomeにインポートすることで、容易にアプライアンスを構築・運用できる。なお、対応OSは、CentOS 6 x86_64(64ビット)。

 サブスクリプション方式で提供され、契約期間中の使用権が付帯する。なお価格は、月額1万5000円から(年間契約)で、利用するクラウド環境の費用は別。


出荷日・発売日 2014年5月27日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055559


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ