FireEye、nPulsesを買収しセキュリティプラットフォーム拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FireEye、nPulsesを買収しセキュリティプラットフォーム拡張


掲載日:2014/05/26


News

 米FireEye,Inc.は、米nPulse Technologies(nPulse)の買収について最終合意に達したと発表した。

 今回の買収により、FireEyeのセキュリティプラットフォームはnPulseのネットワーク・フォレンジック・ソリューションと統合し、ネットワークへの侵入からエンドポイントの感染、ネットワーク内での拡散までの攻撃サイクル全体を可視化するエンタープライズ・フォレンジック・ソリューションを構築すると伝えている。

 具体的には、ネットワークからエンドポイントを同一のビューで監視できるエンタープライズ・フォレンジック・ソリューションを提供し、顧客は情報セキュリティにおけるリスクを軽減でき、解決までの時間を短縮できるとしている。

 また、nPulseのエンタープライズ・フォレンジック・ソリューションをFireEyeの脅威解析ソリューションと組み合わせることによって、包括的なインテリジェンス・プラットフォームを提供するほか、FireEyeのネットワーク脅威対策プラットフォームと、新しく提供されるIPS機能、及びnPulseのフォレンジックを組み合わせ、包括的な脅威マネジメント・プラットフォームを提供すると伝えている。

 更に、FireEyeの「Managed Defense」とエンタープライズ・フォレンジック・ソリューションを統合し、エンタープライズ・フォレンジックがもたらす可視性と様々なコンテクストが「Managed Defense」ポートフォリオの防御機能と1つになって、高度なマネージドサービス機能を提供すると述べている。

 顧客は、高品質のフォレンジックと有効なアラートを用いることによって、データ損失を検知・防止できるようになるとしている。侵入が起こった場合、その全貌を追跡できる攻撃の詳細な情報が記録され、セキュリティ・チームは迅速なインシデント・レスポンスと復旧を実施して、調査時間や操作コストを削減できると伝えている。また、企業や組織は侵入調査の後、侵入行為の詳細なレポートを入手し、必要に応じて正確な調査結果を開示できるようになると述べている。

 なお、買収は適用される規制許可を含む一般的な条件の適用を受け、2014年の第2四半期に完了する予定だとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 【日商エレクトロニクス】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】
ERP アンチウイルス NAS ファイアウォール SFA
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055540



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ