事例:日立マネジメントパートナー、「intra-mart」で基盤確立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日立マネジメントパートナー、「intra-mart」で基盤確立


掲載日:2014/05/26


News

 株式会社NTTデータ イントラマート(イントラマート)は、株式会社日立マネジメントパートナーがSAPベースの財務会計システムのフロントエンドシステムとして「intra-mart」を採用し、日立グループにおけるSaaS型シェアードサービスが安定稼働している事例を発表した。

 日立マネジメントパートナーは、日立製作所をはじめ、国内外約1000社で形成される日立グループの財務・人事の統括業務を担う企業。同社は、業務標準化・集約化・効率化の効果を高めるため、ITを深く活用することが急務であると考えていたという。

 今回、複雑な流れをともなうワークフロー構築の優位性に加え、SAP連携・アクセス権限・ポータルなどの機能を備えたシステム基盤型のワークフローであることから、「intra-mart」を採用し、業務システムと基幹システムの連携、SaaS型シェアードサービスの2つの基盤を確立させたと伝えている。

 同システムは、フルスクラッチ開発に比べ6割程度の開発・運用コストで、数百社、数十万人が利用するSaaS型大規模シェアードサービスを展開していると述べている。また、「intra-mart」のSAP連携によって重複入力の排除による“正確さ”、ワークフローによって申請の進行状況を確認できる“可視化”という付加価値を高め、1日数万件単位のトランザクション量に対して充分なパフォーマンスを確保していると伝えている。

 なお、同システムは進化途上であり、今後、対象となる国内グループ会社約300社、総勢20万人利用の定着を目標としていると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
欧州を中心に普及が進むクラウド電子署名。日本でも今のワークフローを変えずにこの仕様に対応できる。商取引機会拡大のためにも知っておきたい電子署名の最新動向を紹介。 低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。 G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055534


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ