TIBCO、データ分析/可視化製品の新版でモバイルなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TIBCO、データ分析/可視化製品の新版でモバイルなどに対応


掲載日:2014/05/23


News

 日本ティブコソフトウェア株式会社(TIBCO)は、データディスカバリ/ビジュアライゼーション・プラットフォームの新バージョン「TIBCO Spotfire 6.0」の提供を開始する。

 今回の新バージョンでは、オフラインKPIモニタリングや、文脈ベースのドリルダウン機能、ソーシャル・コラボレーション機能に対応し、iOS/Android/Windows 8で動作する携帯電話/タブレット/PCに対応する。また、地理情報と地図の文脈に基づくデータの可視化/探索/分析を、迅速に、優れた使い勝手で行なえる。マルチレイヤ・マップなどの機能を使って、状況に応じた理解を拡げられる。分かりやすい分析アプリケーションが短期間で配布され、未知の情報に対するセルフサービス・ディスカバリと可視化を進められる。

 シンプルなダッシュボードと高度な分析アプリケーションの橋渡しを行なえる。Webアプリケーション「TIBCO Spotfire Business Author」を利用して、シンプルなスプレッドシートやダッシュボード、DB、あらかじめ定義済みの分析アプリケーションなど、様々な場所にあるデータに対して、視覚的/探索的な分析や、対話的な操作を行なえる。

 ビジネスデータの生成直後に、自動的に新たな傾向や例外事象をトラッキング/特定できるようにする新製品「TIBCO Spotfire Event Analytics」では、分析アプリケーションの自動生成/配信を通じて例外によるマネジメントを行なえる。品質管理や顧客離反、生産性といった重要プロセスの監視でデータアナリストや意志決定者向けのインサイトが提供される。また、「TIBCO Spotfire Cloud Enterprise」では、クラウド上でフル機能の「Spotfire」が安全に提供され、データのロケーションを問わず、ビジネスインサイトの分析やコラボレーションが可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 多様な分析ニーズに対応、セルフサービス型BIで実現する現場主導のデータ活用 【クリックテック・ジャパン株式会社】 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法「Actionista!」 【ジャストシステム】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】
BI BI BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 面倒な分析作業のデータの関連付けを不要にする方法を、動画で解説 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055531


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ