MOTEX、IT資産管理/ログ監視ツールの新版でクラウド基盤に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MOTEX、IT資産管理/ログ監視ツールの新版でクラウド基盤に対応


掲載日:2014/05/22


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、クラウドプラットフォームにMicrosoft Azureを採用したIT資産管理/ログ監視ツール「LanScope Cat Ver.8.0」を5月28日にリリースする。

 「LanScope Cat Ver.8.0」では、クラウド基盤や企業内ネットワークのDMZ(非武装地帯)でのマネージャサーバー構築を、優れたセキュリティシステムのもとで行なえ、公衆ネットワーク環境などのインターネットに接続されているPCをリアルタイムで監視/管理できる。また、通信を暗号化することで、VPNを利用しないインターネット環境でもセキュリティを確保しながら、クライアントPCの資産情報や操作ログ情報を収集できる。

 クラウド基盤上のマネージャから、NAT(Network Address Translation)変換されたクライアントPCへ、セキュリティパッチなどのファイルを配信できるように、クライアントからマネージャへのセッション接続を利用したファイル配信の仕組みが装備されている。また、インターネットに公開しているサーバーと通信するために、ホスト名を指定しての通信が可能になった。

 Microsoft Azureを基盤にしたクラウド型スマートデバイス管理システム「LanScope An」と連携し、「LanScope Cat」の管理画面からスマートデバイスのリモートロック/ワイプを連動して行なえる。PC管理に加え、iOS/Android搭載端末の盗難/紛失時の位置情報確認からデータ消去までを行なえる。

 クライアントPCの社外持ち出し時に、公衆インターネットへ接続した際も、安全なインターネット環境を提供できるように、クラウド型のクライアントWebフィルタリングが装備されている。

 ユーザインターフェースが一新されたほか、管理権限の分散や、管理者の操作履歴取得、メール送信ログ取得といった機能強化が行なわれた。アンチウイルス製品への対応では、シマンテック/トレンドマイクロ/マカフィーの製品に加え、ESET spol.s.r.oのESETシリーズとマイクロソフトのWindows Defenderに対応した。また、Windows 8.1/Windows Server 2012 R2/Microsoft SQL Server 2012にも対応した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「エムオーテックス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055503


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ