事例:はなまる、申請業務にエイトレッドのWebワークフロー採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:はなまる、申請業務にエイトレッドのWebワークフロー採用


掲載日:2014/05/22


News

 株式会社エイトレッドは、株式会社はなまるがエイトレッドが提供するWebワークフロー「X-point」を導入し、店舗から本部への労務関連の申請や食材の店舗間移動伝票などの各種申請・報告に関する運用業務を削減したと発表した。

 はなまるは、讃岐うどんチェーン“はなまるうどん”の直営店舗展開及びFC店舗経営指導を行なう企業。

 同社は、これまでメールやFaxを使って本部へ申請・報告を行なっていて、一部の帳票は表計算ソフトを使ってデータ化していたが、メールに添付されてきたデータを本部側で紙に出力して、処理・管理するケースも少なくなかったという。

 店舗数の増加に比例して、店舗運営に関わる業務の負担も増加する状況の下、申請・報告に関する“ムリ・ムダ・ムラ”が目立つようになっていたとしている。また、メールでのやり取りは、決裁後のデータを見返したり、集計したりするのが容易ではなく、申請者が経過を確認するのが難しいといった課題もあったと伝えている。

 今回、これまで利用してきた紙や表計算データの帳票と“見栄えが変わらない”ので、PCの利用が得意ではないスタッフがいる店舗でも、違和感を感じずに利用でき全社的にワークフローを定着させられると判断し「X-point」の導入を決定したと伝えている。

 導入製品の選定においては、帳票フォームを自社で作成、メンテナンスできることや、決められた承認者を飛び越えて承認が進まないこと、モバイル環境でスムーズに利用できることのほか、基幹システムへデータが受け渡しできることをポイントとしたと述べている。

 また、導入効果として、意思決定の迅速化による決裁完了までの時間短縮や柔軟な検索性・データ集計による確認作業の迅速化、空き時間の効率的活用と事務作業の効率化を挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

簡単ワークフロー X-point(エクスポイント) 【エイトレッド】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 Create!Webフロー 【インフォテック】 大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
とにかく簡単! Webブラウザで書類を管理する斬新なスタイルのワークフロー。ノンプログラミングでWebフォームを作成できるなど、利用者の利便性を重視した。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。 組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055476


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ