エプソン、POP/ポスター/CAD向けの4色大判プリンターを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、POP/ポスター/CAD向けの4色大判プリンターを拡充


掲載日:2014/05/20


News

 エプソンは、大判インクジェットプリンターの、POP/ポスター/CAD用途向け4色モデルを拡充し、全30機種を5月下旬に発売する。

 シングルロール機「SC-T7250/T5250/T3250」(それぞれ44/36/24インチ)では、密度360dpiのノズルが採用され、A1を約28秒で印刷できる。CAD出力で重視される線画品質は距離精度±0.1%、または±0.26mm、最少線幅0.02mm(理論値)。インクの黒濃度が向上し、図面の細線も高品質に表現できるほか、販促物などで“金赤”を更に美しく再現できる。また、内蔵メモリは1GBに増強され、PCを早く解放できるほか、操作パネルの液晶画面が2.7インチに拡大されるなど、使い勝手が向上した。PostScript対応モデルではプリンター組み込みタイプのPostScript処理モジュールが用意され、PostScript処理専用PCが不要になる。

 ダブルロール機「SC-T7250D/T5250D」(それぞれ44/36インチ)では、ロール紙を上段/下段2本同時にセットでき、同じサイズのロール紙を2本同時にセットすれば連続大量出力の時でもロール紙の用紙交換が不要になり、交換の手間を軽減できる。また、36インチと44インチ、普通紙と光沢紙など、サイズや種類の違うメディアをセットするなど、出力用途に応じて使い分けられる。

 大判スキャナを一体化した大判複合機「SC-T52MFP/T32MFP」(それぞれ36/24インチ)/「SC-T52DMFP」(36インチ/ダブルロール)では、プリンターの操作パネルの設定のみで簡単に大判コピーが可能。また、フラットベッドスキャナを組み合わせたフルカラー拡大コピー機「SC-T5250MS/T3250MS」(それぞれ36/24インチ)では、プリンターのパネルで操作し、簡単にA4原稿をポスターサイズに拡大コピーできる。

 文教や流通小売など業種用途向けに、業種向けの素材テンプレート集や長尺作成ソフトウェアを組み合わせたセットモデルも用意されている。


出荷日・発売日 2014年5月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055427


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ