矢野経済研究所、ERP市場動向に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、ERP市場動向に関する調査を実施


掲載日:2014/05/19


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査を実施したと発表した。

 調査期間は1月〜4月で、調査対象はERPパッケージベンダ、調査方法は同社専門研究員による直接面談で実施したという。

 ERPパッケージとは、財務会計、人事給与、販売管理、生産管理などの基幹業務データを統合する情報システムを構築するための基幹業務管理パッケージソフトウェアを指し、同調査におけるERPパッケージライセンス市場では、基幹業務の一部機能のみを持ち、ERPパッケージのモジュール(構成要素)となるパッケージソフトウェアも対象としたとしている。

 同社は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、2013年のERPパッケージライセンス市場は1053億3000万円(エンドユーザ渡し価格ベース)、前年比7.4%増となったとしている。2012年よりは伸びは鈍化したものの、ユーザ企業の投資は回復しており、市場は堅調な伸びを示しているという。好景気が追い風となって企業の投資意欲が上向き、2011年〜2012年頃からERPのリプレイスが拡大しており、事業拡張、グローバル化、M&Aなど経営環境の変化に対応するための戦略的な投資も増えていると考察している。

 2つめは、ユーザ企業の投資の回復による堅調なトレンドは、リーマンショック後に停滞していたERPへの投資回復が一巡するまで5年程度は継続すると考察している。2014年のERPパッケージライセンス市場は1124億円(エンドユーザ渡し価格ベース)、前年比6.7%増となり、2009年から2016年までの同市場のCAGR(年平均成長率)は6.3%で推移すると予測している。

 市場の傾向をみると、現在は自社開発システムの利用率が高い生産管理システムや販売管理システムへのERPパッケージ適用が進んでおり、企業単体ではなくグループとしてIT戦略を構築・実践し、企業グループ全体の経営基盤としてERPを導入する傾向が強いとしている。ガバナンス強化や業務標準化のために、国内企業においては企業グループでの導入、グローバル企業においては海外拠点を含めたシステム導入が進んでおり、ERPへの投資を後押ししているという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055386



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ