NTTソフトウェア、メール送信後でも添付ファイル閲覧禁止可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、メール送信後でも添付ファイル閲覧禁止可能に


掲載日:2014/05/15


News

 NTTソフトウェア株式会社は、メールにファイルを添付して送信した後でも閲覧/印刷/有効期限などをコントロールできる「WatchDoxマルチメーラ対応ソリューション」を発売した。

 「WatchDoxマルチメーラ対応ソリューション」は、メールサーバからの送信ルート上にアダプタサーバを設置することで利用できる。添付ファイルに対する基本的な制限パターンがあらかじめ設定されているため、新たな利用方法を覚えるためのトレーニングが不要。添付ファイルが特殊な形式に変更されることもなく、Microsoft Officeなど一般的に利用されるファイル形式のまま送信できる。これにより、通常のメール操作のみで、添付したファイルのセキュリティ向上を図れる。

 「Microsoft Outlook」「Becky! InternetMail」「Thunderbird」などの主要メールソフトに対応しているほか、一般的なメール送信プロトコル“SMTP”に対応する様々なメールソフトで利用できる。

 添付ファイルは暗号化され、あらかじめ設定されているポリシーに従い、操作制限や有効期限などを設定しサーバに格納される。メール受信者がファイルにアクセスすると、設定された権限内でのみ、閲覧や印刷などの操作を行なえる。権限については、送信後であっても送信者が変更できる。

 また、閲覧や転送など、ファイルがどのように利用されたかを操作履歴から追跡できる。これにより、不特定多数からのアクセスを回避できるほか、送信後のファイルの2次流通も防止できる。


出荷日・発売日 2014年5月13日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

2018年第1四半期セキュリティ概況:サイバー犯罪者の“仮想通貨狙い”が明確に 【トレンドマイクロ】 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR 【トレンドマイクロ】 「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で 【トレンドマイクロ株式会社】 Barracuda Essentials for Email Security 【バラクーダネットワークスジャパン】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
2018年第1四半期セキュリティ概況:サイバー犯罪者の“仮想通貨狙い”が明確に 「未知の脅威」への次の一手。侵入を前提とした対策、EDR 「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で 高度な標的型攻撃対策、メールの保管、暗号化と情報漏えい対策、ならびにアーカイブ機能を提供するクラウドベースのメールセキュリティサービス。 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055332


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ