ウルトラエックス、ChromeBookで使用できるデータ消去ツール発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウルトラエックス、ChromeBookで使用できるデータ消去ツール発表


掲載日:2014/05/15


News

 株式会社ウルトラエックスは、米グーグルの基本ソフト「Chrome OS」を搭載したノートPC「ChromeBook」専用のデータ消去ツールを発表した。

 今回発表されたツールは、従来の消去ツールを使用してもデータを消去できず、端末本体のリセット機能でも消去を容易に行なえない、ChromeBookで、上書き処理でデータ消去を行なえる。

 価格は、初期費用10万円、使用料月額2万円(月間100台まで使用できる)。なお、12月末以降変更される可能性がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアへの対処法は? 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 セキュリティからビジネス価値を生み出す、新たな人材像とは 「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055330


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ