採用:三菱東京UFJ銀行、日本オラクルの仮想テープ装置等を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:三菱東京UFJ銀行、日本オラクルの仮想テープ装置等を導入


掲載日:2014/05/15


News

 日本オラクル株式会社は、株式会社三菱東京UFJ銀行が、顧客口座の大量トランザクションから発生する勘定系の全バッチ処理データを災害対策サイトに伝送するため、日本オラクルの仮想テープ装置「StorageTek Virtual Storage Manager System」(StorageTek VSM)、外付けでディスク領域を拡張する「StorageTek Virtual Library Extension」(StorageTek VLE)、テープライブラリ「StorageTek SL8500 Tape Library」(StorageTek SL8500)などを導入し、2013年6月より稼働したと発表した。

 同行はこれまで災害対策の一環として、データの外部施設への移送を磁気テープのトラック搬送で行なっていたが、処理時間・負荷の観点からシステムの復旧に必要なデータに限定して移送していたほか、テープの現物移送にともなう作業負荷や被災時の業務再開時間の短縮などが課題となっていたという。2012年2月に課題解消に向けたプロジェクトが発足し、トラック搬送からネットワークを利用したデータ伝送に切り替えることに決定したと述べている。

 主要拠点が被災した場合の目標復旧時間を短縮することと、磁気テープのトラック搬送にかかる作業負荷削減を最優先の要件とし、メインセンタで運用していた「StorageTek VSM」と「StorageTek SL8500」に加え、災害対策センタにも、同2製品と「StorageTek VLE」を新たに導入したと伝えている。センタ間のデータ伝送は「StorageTek VSM」に搭載されている、IPネットワークでのデータ転送が可能な“StorageTek Cross-TapePlex Replication”(CTR)機能を採用したという。

 同行によると、CTRのデータ伝送機能によって災害発生時のバッチ処理の目標復旧時間が短縮され、有事の際の顧客サービスについてサービスレベルを向上できるとしている。コスト面では、自動ライブラリからのテープの取り出し・投入にかかる人件費と時間、更に毎日約4時間を要したトラックによる磁気テープの搬送が全廃され、作業負荷が削減されたという。また、テープの破損や読取りミスなどのリスクもなくなったと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055309


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ