採用:あらた、アシストのBIプラットフォーム「WebFOCUS」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:あらた、アシストのBIプラットフォーム「WebFOCUS」を導入


掲載日:2014/05/15


News

 株式会社アシストは、同社が提供するBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元 米Information Builders,Inc.)が、株式会社あらたの全社情報活用基盤として採用されたと発表した。

 家庭用品などの卸売事業を展開するあらたは、取引先に対する情報提供を重要視して戦略的な情報活用を進めており、約1000名の営業担当者は、取引先ごとに売上の集計や推移などをまとめたレポートを毎月提供しているという。この営業活動を支えるシステムとして、同社は「dbQuest」という非定型の情報検索システムを自社開発し、営業担当者が自由にデータを検索/抽出できるようにしたものの、同システムにはレポート機能がないため、抽出したCSVデータをオフィスツールで加工しなければならず、営業担当者の作業負荷が課題になっていたとしている。そこで、定型のレポーティングツールの導入を検討した結果、“データの活用”と“レポーティングの効率化”の点から「WebFOCUS」を採用し、2013年10月より利用を開始したと述べている。

 同製品の導入により、従来は営業担当者1人あたり毎月数時間を費やしていたレポート作成が、条件を指定するだけでできるようになり、営業効率が向上したという。また、既存のデータウェアハウスである、日本電気株式会社のDWHアプライアンス「InfoFrame DWH Appliance」(IDA)との連携が容易で、IDA内のデータをWebFOCUSのレポートに利用できる。

 初期リリースのレポートの半数は、アシストがスキルトランスファーを兼ねて開発を支援し、それをもとにあらたが半数のレポートを自社開発したという。同製品はあらたの標準開発ツールに指定され、社内開発者向けのトレーニングコースも開催していると述べている。

 あらたでは今後、経営ダッシュボードにも同製品を利用するほか、現行レポートの改良や追加開発を随時行なう予定だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 人気ゲームの作り方、データドリブンの開発でファンを獲得 【クリックテック・ジャパン】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】
BI BI BI BI BI
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 データに裏付けられたゲーム開発 SEGAはどうやって高速PDCAを回したのか 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055306


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ