採用:横浜市、NECの給付費請求支援ソフトウェアを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:横浜市、NECの給付費請求支援ソフトウェアを採用


掲載日:2014/05/14


News

 日本電気株式会社(NEC)は、地方公共団体が保育所・私立幼稚園・認定子ども園などの事業者から毎月の給付費請求を電子データとして受領し、審査・支払業務を効率化する、横浜市向けの「給付費請求支援ソフトウェア」の開発に着手したと発表した。

 NECによると、“子ども・子育て支援法”が2015年4月に施行されることにともない、各地方公共団体では事業者から毎月、給付費の請求を受領する事務が発生するという。横浜市では、新制度の開始時点で約1200の給付対象となる事業者を見込んでおり、給付費請求の管理については全国共通のフォーマットなどの規定が設けられていないことから、これにともなう事務効率化が課題となっていたとしている。そこで、同ソフトウェアを事業者に無償配布し、事業者からの請求内容をデータで受領することにより、システム上で審査・支払業務が可能となる。これにより、紙の請求書を受領・処理するケースと比較し、NECの試算で最大約50%の作業時間短縮が見込まれると述べている。

 同ソフトウェアでは給付金の支給認定者情報などを管理する、子ども・子育て支援システムとのデータ連携が可能なことから、正確で迅速な審査・給付処理を支援するほか、地方公共団体のファイル転送サーバを介して、事業者から送られてくるデータを取り込むことで、セキュリティにも配慮した運用が可能となっている。

 また、事業者側は、認定番号や日付などの実績情報をシステムに入力するだけで、請求データの作成ができ、入力データのエラーチェック機能も搭載していることから、入力ミスを減らし、正確で迅速な請求事務を支援すると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】 SEALS融資システム 【SCSK】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 カード決済トランザクションシステム SEGTRAN 【セイコーソリューションズ】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。
融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 カード・信販会社等に必須となるCAFISやCARDNETなど、カード決済業務に不可欠な対外接続機能を統合したオールインワンパッケージ。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055276


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ