矢野経済研究所、CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施


掲載日:2014/05/13


News

 株式会社矢野経済研究所は、世界のCMOS/CCDカメラ、カメラ応用画像システム・機器市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は2013年11月〜2014年4月、対象はカメラメーカー、カメラ応用画像システム・機器メーカーなどで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話・メールなどによるヒアリング、同社DB、文献調査を併用している。

 同調査におけるCMOS/CCDカメラ世界市場とは撮像素子のCMOS/CCDを内蔵したカメラを搭載した画像・システム機器製品を対象としている。なお需要分野としては家庭用画像・電子機器分野、監視・モニタリング分野、個人認証などのセキュリティ分野、FA(Factory Automation)・マシンビジョン分野、医療・福祉分野、車載分野、携帯電話・PC・タブレット端末などであるという。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、2013年のCMOS/CCDカメラ世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで25億7698万台であったという。CMOS/CCDカメラは携帯電話を中心に搭載されているが、需要分野や用途を大きく拡大してきており、世界のCMOS/CCDカメラ市場は2009〜2017年までの年平均成長率は15.2%、2017年には37億9062万台に達するものと予測している。

 2つめは、2013年のCMOS/CCDカメラ世界市場規模について需要品目別にみてみると、スマートフォン用が13億6050万台で構成比52.8%、フィーチャーホン(従来型の携帯電話)用が7億3304万台で同28.4%、タブレット用が2億4045万台で同9.3%と、この3品目で全体の9割を占めているという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA テレビ会議/ビデオ会議 垂直統合型システム
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055250



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ