矢野経済研究所、CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施


掲載日:2014/05/13


News

 株式会社矢野経済研究所は、世界のCMOS/CCDカメラ、カメラ応用画像システム・機器市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は2013年11月〜2014年4月、対象はカメラメーカー、カメラ応用画像システム・機器メーカーなどで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話・メールなどによるヒアリング、同社DB、文献調査を併用している。

 同調査におけるCMOS/CCDカメラ世界市場とは撮像素子のCMOS/CCDを内蔵したカメラを搭載した画像・システム機器製品を対象としている。なお需要分野としては家庭用画像・電子機器分野、監視・モニタリング分野、個人認証などのセキュリティ分野、FA(Factory Automation)・マシンビジョン分野、医療・福祉分野、車載分野、携帯電話・PC・タブレット端末などであるという。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、2013年のCMOS/CCDカメラ世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで25億7698万台であったという。CMOS/CCDカメラは携帯電話を中心に搭載されているが、需要分野や用途を大きく拡大してきており、世界のCMOS/CCDカメラ市場は2009〜2017年までの年平均成長率は15.2%、2017年には37億9062万台に達するものと予測している。

 2つめは、2013年のCMOS/CCDカメラ世界市場規模について需要品目別にみてみると、スマートフォン用が13億6050万台で構成比52.8%、フィーチャーホン(従来型の携帯電話)用が7億3304万台で同28.4%、タブレット用が2億4045万台で同9.3%と、この3品目で全体の9割を占めているという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055250



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ