dit、特権アカウント利用のアクセス状況を監視できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、特権アカウント利用のアクセス状況を監視できる製品を発売


掲載日:2014/05/12


News

 株式会社ディアイティ(dit)は、米国CyberArk社が開発した、特権アカウントを利用したアクセス状況の監視/分析に特化したソリューション「CyberArk Privileged Threat Analytics(PTA)」を5月15日に発売する。

 「PTA」は、リアルタイムにアクセスの異常を検知/分析し、不正アクセスに起因する被害を最小限に留めるためのソリューション。自己学習機能を備えた分析アルゴリズムを使用して、個々の特権アカウントの過去のアクセス状況を分析し、異常アクセスの判断基準になるベースラインを自動作成する。このベースラインを基に、リアルタイム監視の状況や相関関係を分析アルゴリズムで分析する。異常アクセスが検知された際には、インシデントの詳細や精査するためのリンクなどを含めたアラートが迅速に発信され、管理者は、進行中のサイバー攻撃を隔離/防御できる。また、インシデント内容は、内蔵のダッシュボード上で精査できるほか、システム内の既存SIEMと連携させることができる。

 また、「PTA」の発売にともない、グローバルセキュリティスタンダードに準拠している、CyberArk社の特権ID管理ソリューション「PIM Enterprise Suite」もバージョン「8.5」にアップグレードされる。設定時の共通項目に“マスタポリシー”を利用できるなど、管理者の負担を軽減する機能が搭載されている。「PIM Enterprise Suite」と「PTA」を連携させることで、よりセキュアな特権ID管理を図れ、安全なネットワーク運用を図れる。

 価格は、「PTA」が430万円から、「PIM Enterprise Suite」が257万円から。


出荷日・発売日 2014年5月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055230


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ