ドコモ、自己株式の取得枠設定に関して発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、自己株式の取得枠設定に関して発表


掲載日:2014/05/09


News

 株式会社NTTドコモは、2014年4月25日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式の取得枠設定に係る事項を決議したと発表した。

 ドコモは、自己株式の取得を行なう理由として株主還元の強化と資本効率の向上を図るためと伝えている。

 取得する株式の種類は同社普通株式で取得する株式の総数は3億2000万株(上限)、発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合は7.72%、株式の取得価額の総額は5000億円(上限)で株式を取得する期間は2014年4月26日から2015年3月31日までとしている。

 また、2014年3月31日時点の自己株式の保有は発行済株式総数(自己株式を除く)が41億4676万100株で自己株式数は2億1823万9900株となっている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 【ユニフィニティー+他】 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 【ユニフィニティー+他】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? 【ネットアップ】 セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情 【NTTテクノクロス】
スマートフォン スマートフォン 垂直統合型システム 垂直統合型システム WAF
コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055170



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ