採用:SCSK、いわて連携復興センターにNPO活動支援システム構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:SCSK、いわて連携復興センターにNPO活動支援システム構築


掲載日:2014/05/09


News

 SCSK株式会社は、特定非営利活動法人いわて連携復興センターが、SCSKの構築した中間支援NPO活動支援システムを、4ヵ月間の評価期間を経て、5月1日より本格運用を開始したと発表した。

 いわて連携復興センターは、岩手県内の復興支援NPO約700団体に対し、調査・相談窓口などの様々な支援・連携(中間支援)を行なっているほか、国・地方自治体・企業・被災3県NPOなどのセクターを超えたステークホルダーと連携して事業を行なっている。

 同センターでは、限られた人員リソースで、支援実績やステータス管理が属人化してしまい、情報共有や案件管理不足・対応スピードの向上が課題になっていたとし、今回、特定非営利活動法人日本NPOセンター“市民活動団体(NPO)育成・強化プロジェクト”の“組織力向上サポート助成プログラム”の支援を受け、システム化による基盤整備に着手することになったと伝えている。

 今回構築したシステムは、SCSKが復興支援活動として「Microsoft Dynamics CRM Online」をカスタマイズし開発したもので、復興支援におけるプロジェクトや支援団体との関係を一元的に管理し、案件進捗や支援規模に応じた分類・集計、及び統計結果のグラフ表示などが可能となっている。

 同システムにより、同センターの11名の職員全員が、ネットワーク経由で、場所を選ばす登録者情報や活動状況などの情報を共有でき、必要な時に必要なデータを扱えるようになったと伝えている。たとえば、以前は年間イベント実施回数の集計業務に数日要していたのが、条件を指定することですぐに抽出することが可能になったとしている。

 今後は、蓄積した情報を分析することで、復興支援活動の参加者や活動の傾向を把握し、支援活動の企画・立案に活用していく予定だと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 Splunkを効率よく構築・運用する秘訣―専用アプライアンスの利点 【マクニカネットワークス】 Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援 【イーネットソリューションズ】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。 抽選で5名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット セキュリティ分析基盤を効率よく構築・運用する秘訣 低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055165


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ