日本オラクル、プライベートクラウド基盤構築に適した製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、プライベートクラウド基盤構築に適した製品を提供


掲載日:2014/05/09


News

 日本オラクル株式会社は、仮想環境を統合し、企業のプライベートクラウド基盤の構築に適したエンジニアド・システムの新版「Oracle Virtual Compute Appliance X4-2」の提供を開始した。

 「Oracle Virtual Compute Appliance X4-2」は、サーバー基盤に8コアのXeonプロセッサを搭載したx86サーバー「Sun Server X4-2」と仮想テクノロジー「Oracle VM」、ストレージ基盤に「Oracle ZFS Storage Appliance ZS3」シリーズ、仮想ネットワーク製品群「Oracle Virtual Networking」の仮想化コントローラ「Oracle Fabric Interconnect」と管理ソフトウェア「Oracle SDN」などで構成されている。「Sun Server X4-2」を採用したことで、前世代に比べコンピューティング性能が18%向上している(オラクル調べ)。クラウド・コンピューティングに求められる俊敏性を備え、電源を入れてから約1時間で本番環境を準備でき、テンプレートに基づいて仮想マシンを数分で実行できる(オラクル調べ)。

 組み立てられた状態で出荷され、ソフトウェア定義を利用した最小限の構成作業で本番環境を実行でき、作業時間の節約や、物理・ソフトウェア構成エラーのリスクの低減を図れる。また、クラウド環境を運用管理する「Oracle Enterprise Manager 12c」を標準で備え、クラウド・サービスの展開に最適化されている。

 クラウド環境を設定・管理するツール「Oracle Virtual Assembly Builder」を利用することで、複数レイヤにわたるシステム全体の仮想マシン群を簡単に作成・構成できる。テストと構成が事前に行なわれた参照構成「Oracle VM Templates」を標準でサポートし、コンポーネント全体を迅速に展開できる。また、「Oracle Solaris」「Oracle Linux」に加え、そのほかのLinuxディストリビューションやWindowsが同時に動作するため、様々なアプリケーションとOSが混在する仮想環境の構築に適している。

 オラクルのエンジニアド・システムに適用されるライセンス・モデル「Oracle Trusted Partitions」をサポートし、オラクル・ソフトウェアが稼働するCPU数を制限することで、ライセンス数を効果的に利用できる。また、「Oracle ZFS Storage Appliance ZS」シリーズは、「Oracle Virtual Compute Appliance」で実行されるDBとアプリケーションに最適化され、高いストレージ性能や、低レイテンシ、柔軟な拡張性を提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055163


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ