アクティフィオ、データ仮想化を広い領域で利用できる製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクティフィオ、データ仮想化を広い領域で利用できる製品を発表


掲載日:2014/05/08


News

 アクティフィオは、エンタープライズクラスのデータ仮想化をより広い領域で利用できる製品「Actifio Sky」を発表した。

 「Actifio Sky」は、VDP(Virtual Data Pipeline)テクノロジーを搭載した仮想アプライアンスで、Actifio CDSの機能をデータセンターからパブリッククラウドまで、様々な場所で利用できる。数クリックで定義でき容易に変更できるデータ保護ポリシーに基づいて、アプリケーションからデータを取得できる。増分アップデートできる、単一の“ゴールデンマスタデータ”を作成することで、当該データのライフサイクルを効率的に管理できる上、当該データを使用して、仮想コピーを必要なだけ生成できる。

 コピーデータ仮想化の適用範囲を、データセンターから遠隔地の拠点、クラウドにまで拡張できる。分散したデータを容易に集約できるなど、データ展開・運用に柔軟性を提供し、その適用範囲を拡大することで、データ保護やガバナンス、データ分析力の改善を図れる。また、Actifio CDSと併用することで、データセンターと遠隔地の拠点間の可搬性を改善でき、流動性の高いデータの管理を迅速・スケーラブルに行なえる。

 直感的なマウス操作でデータ管理を行なえる、コンシューマレベルのユーザインターフェースを備えているほか、容易にダウンロードとインストールを行なえ、短時間で構築できる。アプリケーション指向のデータ保護ポリシーに対応し、リモートデータ保護とアプリケーションの障害復旧を図れるほか、遠隔サイトの障害や、データセンターまたはクラウド内での障害を迅速に復旧できる。パブリッククラウド環境のストレージサービスにデータを直接移動させる機能を備えているほか、ネットワークに最適化されたデータレプリケーション向けのDedup-Async Replicationと、ストレージ容量を有効活用するDirect-to-Dedupを備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】
ETL ETL
SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055157


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ