リバーベッド、支社で即時復旧が可能な拠点集約型インフラを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リバーベッド、支社で即時復旧が可能な拠点集約型インフラを発売


掲載日:2014/05/08


News

 リバーベッドテクノロジー株式会社(リバーベッド)は、データセンターのデータを集中化し、支社にローカル環境と同等のパフォーマンスと即時復旧を提供する、拠点集約型インフラストラクチャ「Riverbed SteelFusion 3.0」を5月上旬(予定)に発売する。

 「SteelFusion 3.0」は、拠点のサーバ/ストレージ/ネットワーク構築/仮想化のインフラストラクチャを単一のソリューションに融合できる。拠点でのサービス提供にかかる平均時間を10分程度に、拠点のシステム障害のリカバリに要する平均時間を15分程度に短縮できる(Taneja Group調べ)。

 新しい「SteelFusion 1360P」アプライアンスは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)やCAD/CAMのアプリケーションのようなストレージ集約型ワークロードに対して、より高速な、ローカル環境と同等のパフォーマンスを確保できる。また、ストレージデリバリコントローラの容量が増加された新コントローラアプライアンス「SteelFusion Core 3000」では、ストレージ管理者は最大100TBの統合データに対応でき、データセンターのデータ容量を増加できる。

 集約型アプライアンスの先読み機能“Branch Recovery Agent”を利用して、大規模な障害からのリカバリ時間を短縮できるため、大災害の場合にも、アプリケーションやデータへの一定のアクセスを確保できる。また、サーバ/仮想化/バックアップの管理者は、ストレージデリバリコントローラを共同管理することでスケールアウトアーキテクチャの向上を図れる。

 NetAppのクラスタモードとEMC VNX2スナップショットに対応し、統合強化が図られる。これにより、「SteelFusion」とデータセンターのSANインフラストラクチャをシームレスに統合でき、バックアップ統合が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055154


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ