SSJ、UMLモデリングツール日本語版の新バージョンをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SSJ、UMLモデリングツール日本語版の新バージョンをリリース


掲載日:2014/05/07


News

 スパークスシステムズジャパン株式会社(SSJ)は、UMLモデリングツール「Enterprise Architect」日本語版の新バージョン「11.0」をリリースした。

 「Enterprise Architect」は、システムの設計開発などUMLを利用したモデリングを行なうためのツールで、今回の新バージョンでは、主に分散環境での設計開発を支援する仕組みが強化されている。

 異なる国で協調して設計開発を行なうような状況に対応するための“クラウドサーバ”機能が提供され、クラウドサーバ上にある設計情報をHTTPやHTTPSの通信で簡単に共有できる。また、設計情報内にオフィス製品のファイルなど、他の情報も含めて共有したり、設計情報にコメントをつけて議論できるディスカッション機能を提供するなど、分散環境で利用できる機能が多数採用されている。

 設計要素を利用して進捗状況を見える化する“カンバン”機能が追加されたほか、シーケンス図を自動生成する機能が64ビット版アプリケーションにも対応した。また、Windows 8.1に対応したほか、ドキュメント生成機能やシミュレーション機能の強化など、400項目以上の機能強化・改善・不具合修正が行なわれている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法 【CA Technologies】 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 【日本アイ・ビー・エム】 デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは 【CA Technologies】 APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ 【CA Technologies】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055084


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ