ACCS、不正コピー発覚の医療機関とACCS会員の和解が成立と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ACCS、不正コピー発覚の医療機関とACCS会員の和解が成立と発表


掲載日:2014/04/24


News

 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、ACCS会員企業によると、山梨県内の医療機関において、会員企業が著作権を有するソフトウェア411本を不正にインストール(不正コピー)していたことが発覚し、和解交渉の結果、損害賠償金として、対象ソフトウェアの通常価格を超える金額である約2500万円を支払うことなどを内容とする和解が4月17日に成立したと発表した。

 同問題は、ACCS不正コピー情報窓口に寄せられた情報に基づき、会員企業が代理人弁護士を通じて対応していたものであると伝えている。

 ACCSでは、不正コピーに関する情報を受け付けるほか、組織内部での不正コピーを防止するために、ソフトウェア管理の普及、啓発及び実践の支援を推進しているという。

 今回の和解権利者はマイクロソフトコーポレーション、ファイルメーカー株式会社、株式会社モーリンと発表されている。

 ACCS不正コピー情報窓口に寄せられるなどした情報を基に和解に至ったケースは、証拠保全手続きを経たものを含めて1997年から約900件で、これまでの和解金総額は累計で約105億円になったという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20055025



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ