IMJ、B to B企業のWebマーケティング実態調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IMJ、B to B企業のWebマーケティング実態調査を実施


掲載日:2014/04/23


News

 株式会社アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、“BtoB企業のWebマーケティング実態調査”を実施したと発表した。

 IMJによると、B to B企業のWebマーケティング活動は、B to C企業に比べ、控えめで注目されていなかったが、海外マーケットにおける厳しい競争、顧客本位のサービス強化が状況を大きく変化させ、施策の活発化、投資の加速が進んでいるという。同社は、こうした環境変化を捉え、B to B企業のWebマーケティング活動実態を把握するため、調査を実施したとしている。

 調査期間は3月31日〜4月1日で有効回答数は222名、調査方法はインターネットリサーチ、調査対象は20〜59歳の男女(調査会社が保有するパネル)、対象者条件は企業内でWebサイトもしくはデジタルマーケティングに従事している人だという。

 調査のトピックでは、B to B企業の中で“デジタルマーケティング専任担当がいる”企業は全体の18.7%、“兼務もしくは兼務と混在”が62.6%となり、B to B企業の中で“販促・マーケティングの年間予算が1億円以上”の企業は全体の21.2%であることが分かったという。また、B to B企業における、営業・マーケティング課題(複数回答)は“国内シェアの拡大”が53.7%と最も高く、“新規顧客の取り込み”が51.4%、“既存顧客の囲い込み”が30.8%と続いた。

 更に、B to B企業のWeb担当者の79.9%が“自社Webサイト活用”に取り組んでおり、 その内49%が“効果が出ていない”と回答しているほか、、50.4%が“グローバルサイト活用”に取り組んでおり、 その内56%が“効果が出ていない”と感じているという結果になったとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054980



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ