採用:東芝、ウインドリバーのシミュレーション技術を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:東芝、ウインドリバーのシミュレーション技術を導入


掲載日:2014/04/23


News

 ウインドリバー社は、株式会社東芝セミコンダクター&ストレージ社(東芝)が画像認識SoCプラットフォーム上での自動車向けアプリケーションソフトウェア開発に、「Wind River Simics」を導入したと発表した。

 「Simics」が提供するフルシステムシミュレーション機能と新しい手法が加わることで、東芝の自動車分野のユーザは、ソフトウェア開発プロセスを更に迅速化・効率化して、生産性の向上を図れるという。

 東芝が開発した画像認識SoCのViscontiファミリーは、例えば車載ビデオカメラを用いたADASアプリケーションに使用されるとしている。この場合、複数のカメラの画像データを処理して、対象物やその動きを検出、認識し、運転支援や警報を発することができる。

 自動車の高機能化やネットワーク化が進む中、車載機器の要件は複雑化する一方だという。その結果、ソフトウェア開発の遅れのリスクが高まっているため、開発/テストサイクルを短縮できれば、強みになると伝えている。同シミュレータは、様々なシステムのシミュレーションが可能で、従来より早い段階で障害を予測できるほか、デバッグ上の難題も簡単にテスト、解決できる。また、開発プロセスのリスクやコスト増を抑えることができると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「ウインドリバー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。 サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション)

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054970


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ