NIコンサル、マルチデバイス多言語対応のグループウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサル、マルチデバイス多言語対応のグループウェアを提供


掲載日:2014/04/23


News

 株式会社NIコンサルティング(NIコンサル)は、PCに加えスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスにも最適化した多言語対応グループウェア「NIコラボ Smart」の提供を4月28日に開始する。

 「NIコラボ Smart」では、レスポンシブWebデザインが採用され、画面が自動的にディスプレイに最適化されて表示される。

 マルチリンガル(多言語)とマルチロケールに対応し、ログインユーザごとに表示言語を切り替えられる上、マルチタイムゾーンで時刻も切り替わる。更に、ユニバーサルデザインアイコンが搭載され、母国語によらず操作性に優れている。

 ワークフロー(電子決裁)機能を備え、業務改善とペーパーレス化を支援する。表計算ソフトで作成済みの自社の申請書様式を取り込んでそのままブラウザ上に申請書フォームを再現できるほか、申請書中の金額など様々な条件に応じて申請経路を分岐する“条件分岐”や、人事異動があっても対応できる“部署・役職設定”など、柔軟に経路設定できる。ワークフローとほかの機能との連携も強化され、ワークフロー承認からスケジュール/プロジェクト/回覧板の登録なども行なえる。

 企業向け社内SNS“UP!”機能を搭載し、素早く簡単に情報を掲載できる。また、SFA(営業支援システム)「顧客創造日報」「Sales Force Assistant」と連携でき、スケジュール連動のほか、ポータルでの顧客検索や、ワークフローや“UP!”でも相互連携できる。社内の業務効率や情報共有に加え、顧客対応力の強化を図れる。

 パッケージソフトとクラウドサービスが用意されていて、価格は、パッケージソフトが10ライセンスで5万8000円から、クラウドサービスが1ユーザ月額500円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 “ほぼ1情シス”のお悩み解決!グループウェア管理の負担を解消 【リスモン・ビジネス・ポータル】 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” 【日本マイクロソフト株式会社】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 332万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策”

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054967


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ