日立、長時間バッテリ駆動など機能強化したシンクライアント出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、長時間バッテリ駆動など機能強化したシンクライアント出荷


掲載日:2014/04/22


News

 株式会社日立製作所(日立)は、企業向けシンクライアント「FLORA Se」シリーズの新モデルで、モバイルワークスタイル向けに長時間バッテリ駆動などの機能を強化したモバイル型シンクライアント「FLORA Se210 RK4」の出荷を4月25日に開始する。価格は11万5000円から。

 「FLORA Se210 RK4」は、消費電力が6Wに低減されていて、約7時間のバッテリ駆動を達成しているほか、真夏の日中など電力消費のピーク時に自動的にバッテリ駆動に切り替わるピークシフト機能やバッテリ寿命診断機能といった節電機能を装備している。

 幅317mm×奥行き223mm×高さ21mm(突起・膨らみ含まず)/重さ約1.26kg(バッテリパック搭載時)と軽量・薄型化されていて、携帯性に優れている。また、13.3インチワイド液晶画面(1366×768ドット)を搭載している上、無線LAN規格として5GHz帯の802.11a/nをサポートし、モバイルデバイスの電波状態に配慮していることで、外出先や自宅でのモバイルワークと、オフィスでのデスクワークの双方で、効率的に業務を進められる。

 「FLORA Se」シリーズは、HDDを非内蔵で、Windows Embedded Standard 7 SP1を採用することで、内蔵フラッシュメモリも、利用者が書き込むことを防止できるほか、USBポートなどからのデータ入出力も抑制でき、クライアントPCからの情報漏洩の防止を図れる。また、同社の認証デバイス「KeyMobile」や指静脈認証装置を組み合わせることで、なりすまし防止を図れ、強固なセキュリティを構築できる。


出荷日・発売日 2014年4月25日 出荷
価格 11万5000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054957


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ