採用:キヤノンシステムアンドサポート、I-OデータのNASを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:キヤノンシステムアンドサポート、I-OデータのNASを導入


掲載日:2014/04/22


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)のネットワーク接続HDD LAN DISK「HDL-XRW」シリーズ及び「HDL-Z4WMC2」シリーズが、キヤノンシステムアンドサポート株式会社が提供する中小企業向けサービス「沖縄 DR パック」のデータバックアップ用NASに採用されたと発表した。

 「沖縄 DR パック」は、クオリサイトテクノロジーズ株式会社が運営する沖縄のデータセンターにDR(ディザスタリカバリ)サイトを構築し、保守・監視を提供する中小企業向けサービス。顧客とデータセンター間をVPN接続し、安全な環境でデータセンター内に設置されたNASにバックアップを行なえる。

 I-Oデータによると、2011年の東日本大震災以降、大手企業のみならず中小企業もBCP(事業継続計画)対策の一環としてDRサイトの構築を検討しているが、バックアップ先の選定や増加するデータ容量への対応、DRへのコストなど共通の課題を抱えており、同サービスはこれらの課題解決を支援すると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果 【日商エレクトロニクス】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果 オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054940


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ