日本オラクル、クラウド人材管理システムを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、クラウド人材管理システムを強化


掲載日:2014/04/21


News

 日本オラクル株式会社は、クラウド人材管理システム「Oracle HCM Cloud」を強化した。

 「Oracle HCM Cloud」は、「Oracle Cloud」の一部で、今回、新しい採用プロセスの支援、人事業務のモバイル対応、人員配置の分析など200の機能が強化されている。

 「Oracle Recruiting Cloud」と「Oracle Social Sourcing Cloud」では、データに加え、プロセスの連携を行なえ、紹介者が紹介した人材の採用ステータスを確認でき、ソーシャルメディアを活用した社内の人材発掘や適材適所の配置をより効果的に行なえる。また、「Oracle Social Sourcing Cloud」で、求人リストや職種ごとのポータルページをモバイル対応させたことで、人事担当者は、ソーシャルメディアを通じた社員紹介や人材の採用をより円滑に行なえる。

 採用から退職までのプロセスを通じて、PCやモバイルで、より直観的に利用できる統一された操作性が提供され、業務を迅速に開始できる。モバイル対応が強化されたことで、人事業務、休暇申請などの承認・否認のワークフローまで対応範囲が拡大されたほか、分析機能がモバイル対応することで、重要な業務管理指標と指標の詳細までを確認できる。

 「Oracle Business Intelligence」と「Oracle Talent Management Cloud」が統合されたことで、人材情報のより深い分析を行なえるほか、採用までの日数や、求人情報の露出先を分析する機能が拡充され、戦略・戦術両面から採用傾向と採用者の実績評価を支援する。

 「Oracle HCM Cloud」は、グローバル組織の包括的なモデリング機能を備え、経費、社員数、仕事内容の変更に対する影響を評価でき、リソース配置を最適化できる。新版は、14ヵ国の法令準拠、34言語に対応している。また、「Oracle Talent Management Cloud」では、採用業務と人事管理業務の連携で、データの標準化を図れ、業務の効率化を図れる。

 複数候補者情報の一括参照、面接時のフィードバック機能が拡充されるほか、求人情報の検索機能が拡充され、外部からの人員採用プロセスのスピード向上を図れる。また、業績管理ツールでは、ダッシュボード機能、メールの要約、後任計画リストなどが改良され、人材育成やキャリア形成の優先度をつける際に利用できる。また、「Oracle Learn Cloud」では、研修機能の言語対応が拡充され、22ヵ国語に対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 IT人材不足解消の切り札「外国人エンジニア採用」という選択 【日本サード・パーティ】 優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣 【日本サード・パーティ】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 人事統合システム「ADPS」 (人事・給与・就業・申請) 【カシオヒューマンシステムズ】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 ITエンジニア不足が深刻化する中、アジア圏を中心とした海外からの人材登用に注目する企業が増えている。成功のため、押さえておくべきことは何だろうか。 優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣 社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054931


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ