NTT-IT、ひかりサイネージiPad版と大規模導入対応新型CMSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-IT、ひかりサイネージiPad版と大規模導入対応新型CMSを発売


掲載日:2014/04/21


News

 NTTアイティ株式会社(NTT-IT)は、iPadをデジタルサイネージ端末として使用できるクラウドサービス「ひかりサイネージI-Iモデル」と、フランチャイズチェーン(FC)での大規模導入ニーズに対応したコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)の新型「ひかりサイネージCMSv3」を発売した。

 今回「I-Iモデル」と新型CMSが発売されたことで、従来からのAndroid対応の「I-Aモデル」やWindows 7 PC対応の「I-Wモデル」に加え、店舗などで導入されているiPadの活用も図れ、数百台/拠点を超える大規模なデジタルサイネージを構築できる。

 「I-Iモデル」では、静止画や、音声付き動画コンテンツ、URLを素材にプレイリストを作成し、指定したスケジュールに基づいて放映できるほか、利用者がタッチ操作で見たいコンテンツを個別に指定して再生できるオンデマンド機能を装備している。静止画や動画コンテンツの放映中に画面をタッチすると、連携するアプリケーションのアクションを指定できる。コンテンツごとに別々のアクション、1つのコンテンツに複数のアクションを設定できる。

 これらにより、業務で利用しているiPadの空き時間をデジタルサイネージとして活用できるほか、DVDなどのメディアで配布していたコンテンツをネット配信に切り替えられる。

 「ひかりサイネージCMSv3」は、「I-Iモデル」に加え、「I-Aモデル」「I-Wモデル」などの「I」シリーズのユーザも使用できる。システム管理者とは別に、日々の運用を担う操作者として“標準ユーザ”を複数名作成できる。標準ユーザは、最初に提供される4名に加え、必要数分を追加できるほか、システム管理者は、標準ユーザが自分の担当範囲のコンテンツやプレーヤーだけを操作できるよう指定できる。また、標準ユーザが、他ユーザから変更されたくないコンテンツなどに対して、ロックをかけて保護する機能も搭載している。

 日々の配信に際して、トラフィック分散を図りたいという要望に対応するため、プレーヤーごとに日々の配信時刻指定ができるよう、ネットワーク構成に合わせた柔軟な運用が可能になっている。

 これにより、本部が配布する基本コンテンツをもとに、現場でも容易にコンテンツ追加などの操作運用を図れるほか、プレイリストや1日の放映予定、プレーヤーも、本部と現場で共有利用できる。また、既存のVPNの増強不要で、コンテンツをネット配信で共有できる。


出荷日・発売日 2014年4月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054926


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ