採用:緑陵高校、ワコムの液晶ペンタブレットを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:緑陵高校、ワコムの液晶ペンタブレットを導入


掲載日:2014/04/21


News

 株式会社ワコムは、北海道岩見沢緑陵高等学校(緑陵高校)に液晶ペンタブレット「Cintiq 22HD touch」26台が採用されたと発表した。

 緑陵高校がある北海道岩見沢市はICT環境の整備に力を入れているという。緑陵高校では200台以上の最新コンピュータが設置されているほか、マルチメディア室には、創造性と作業の精度、効率を向上させるプロフェッショナル向けの22インチ液晶ペンタブレットが導入されていると述べている。

 同校では10数年前からワコムのペンタブレットを授業に取り入れていたが、「Cintiq 22HD touch」を導入したことで、「Adobe Illustrator」を使って画面上にダイレクトに描けるようになり、繊細な表現が可能になったため、生徒の作品にも変化が見られるようになったという。このほか、Pixologic社の3Dソフトウェア「Sculptris」を使った授業においても、粘土を手で変形させる感覚でペンの筆圧感知機能により変形の度合いを直感的にコントロールできるため、作業効率が向上し、より多くの作品制作ができるようになったとしている。

 同校では生徒のデザイン教育のほかにも、同校進学に興味を持つ小中学生や市民にも講座を開催し、直感的に使える液晶ペンタブレットを広くデザイン教育に活用する予定だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 タブレットの業務利用、活用成功に導く情報武装の5つのオキテ 【インフォテリア】 スタッフ研修のコストを削減、自主学習を促す仕組みの作り方 【インフォテリア】 シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】 重要情報をスマホで社内に確実に伝えるツールの条件とは 【インフォテリア】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 タブレットの業務利用が本格化 営業活用を成功に導く情報武装の5つのオキテ スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方 高齢者に寄り添ったビジネス展開の新たなる武器 かんたんタブレットの実力は? “伝わる”情報共有をスマホで実現 重要情報を確実に伝えるツールの条件とは

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054906


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ