センチュリー・システムズ、WarpLink DDNSサービスにGPS機能追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センチュリー・システムズ、WarpLink DDNSサービスにGPS機能追加


掲載日:2014/04/21


News

 センチュリー・システムズ株式会社は、WarpLink DDNSサービスの管理サービスにGPS(位置情報)機能を追加し、管理画面からWarpLinkアダプタの位置を確認できるサービスを開始した。

 WarpLink DDNSサービスでは、DDNS(Dynamic Domain Name System)サービスに加え、遠隔監視に利用する携帯無線の通信機器(WarpLinkアダプタ)の死活監視や管理機能を提供している。今回、アダプタの位置情報を取得し、WarpLink管理サービス上で位置情報を表示する機能が追加された。

 アダプタにGPSアンテナを接続することで高精度な位置情報を取得できる。現在設置されている場所の位置情報(緯度・経度情報)を定期的にWarpLink管理サービスに送信することで、管理サービス上でアダプタの現在地を知ることができる。また、多数のアダプタを使用し監視・観測を行なっている場合、どの機器がどこに位置するのかが分かることで、管理の効率化を図れる。

 なお、WarpLink DDNSサービスの価格は、アダプタ台数を問わず年額6000円で、追加アダプタ1台につき1000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054903


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ