マクニカ、非同期型分散ファイルシステムソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカ、非同期型分散ファイルシステムソフトウェアを発売


掲載日:2014/04/17


News

 株式会社マクニカは、米国Maginatics,Inc.(マジナティクス)の分散ファイルシステムソフトウェア「Maginatics Cloud Storage Platform(MCSP)」を発売した。

 「MCSP」は、初期投資を抑え、プロビジョニング不要なクラウドストレージと組み合わせて“クラウドNAS”を構築でき、大容量・大人数・複数拠点・マルチデバイスから、セキュアな環境でのデータ管理やファイル共有を行なえる、大規模エンタープライズ向けに適したストレージテクノロジー。ファイルアクセスの際に更新を行なう非同期アルゴリズムを採用しているため、ネットワークの負荷軽減や、端末のストレージ容量の消費低減を図れる。

 メタデータは、オンプレミスにもクラウドにも構築できる専用サーバ(MagFSサーバ)上で管理され、デバイスのデータはローカルに保存されないため、デバイスを紛失した際の情報流出の可能性を低減できる。また、Active Directory(AD)との連携や、データをチャンク分割してAES(Advanced Encryption Standard)256暗号化処理することで、セキュアな環境でデータ共有を行なえる。

 これらにより、“クラウドNAS”として、広域に分散していたNASやストレージをクラウドストレージに集約し、一括管理できるため、ストレージ管理コストの低減を図れ、ストレージのプロビジョニングを回避できる。また、モバイル環境や複数拠点間のファイルシェアを行なえ、外出先の営業員や自宅などから安全にアクセスでき、業務効率向上やワークスタイルの変化を支援する。容量単位で契約できるため、必要な時に、必要な容量を利用できる。

 様々なOSに対応し、デバイスを問わず、ワークスタイルに合わせて使用でき、主要なクラウド環境とクラウドストレージにも対応している。クラウドストレージをネットワークドライブとして認識させられ、既存のレガシー・アプリケーションから利用できる。また、クラウドストレージに書き込まれる前にデータの重複排除処理を行なうことで、データ容量消費を削減でき、書き込み時間を短縮できる。クラウドストレージを使用した容量課金制を採用しているため、容易にコストの見積もりを行なえる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」 【伊藤忠テクノソリューションズ】 「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く 【伊藤忠テクノソリューションズ】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 最新のSDSアプライアンス「DX8200シリーズ」の出荷を開始 【レノボ・ジャパン株式会社】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? 楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」 「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 これぞ“ストレージ維新” x86ベースのSDSアプライアンスの実力

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054868


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ