SBTなど、クラウド型オープンDBコンソーシアムを設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBTなど、クラウド型オープンDBコンソーシアムを設立


掲載日:2014/04/17


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、日本マイクロソフト株式会社、富士電機株式会社、ITbook株式会社とともに、IT関連企業協同による“Cos-DEC”(クラウド型オープンDBコンソーシアム)を設立し、4月より活動開始したことを発表した。

 SBTによると、多くの自治体では住民データなどの情報資産がどのようにDBに保管されているか把握できておらず、データの多くは特定の事業者に依頼しなければ行政側が主体的に利活用できる状態ではなく、このことは番号制度などの法律・制度の改正や情報セキュリティへの対応などに向けた課題となると考えられているという。

 これに対し、住民データなどの情報資産の項目や構造などが公開されたDB(オープンDB)を行政全体のハブとすることで、特定事業者に依存しない“データガバナンス”(職員が主体となり、行政情報資産が管理できている状態)を確立することで、課題を解決できるとし、Cos-DECでは、今後、事業者間の適正な競争なども促すことができる“クラウド型オープンDB”及び関連ソリューションを、構成企業や構成企業協同でリリースしていく予定だと伝えている。

 今回の設立にともない、Cos-DECを構成する企業では、自治体における情報資産のオープンDB化とクラウドの活用を推進するため、“住民情報基盤研究会(事務局:葛飾区)”の検討結果を可能にする製品やサービスなどを提供していくとしている。

 “住民情報基盤研究会”とは、“情報技術の標準化”や“情報セキュリティ対策”などの推進と、先進自治体の事例を踏まえた“地域情報プラットフォーム”や“自治体クラウド”“文字情報基盤”などの各種標準の具体的な活用検討を目的とした情報システム部門長等をメンバーとした研究会のこと。2013年2月より、葛飾区、豊島区、町田市、八王子市、川口市、松戸市、龍ケ崎市、東大阪市、政令指定都市である熊本市を含む7市2特別区が中心となって開催されているという。

 なお、Cos-DECで構築されるクラウド型オープンDBソリューションは、“標準提供サービス(中間サーバ接続、被災者支援など)”や“高付加価値サービス(各種コンシェルジュなど)”も対象となるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 【クエスト・ソフトウェア】 「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか 【バラクーダネットワークスジャパン】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】
CMS IT資産管理 その他バックアップ関連 WAN 認証
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054849



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ