採用:大興電子通信、スーパーストリームのERPを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:大興電子通信、スーパーストリームのERPを採用


掲載日:2014/04/16


News

 スーパーストリーム株式会社(SuperStream)は、SuperStreamパートナーである大興電子通信株式会社が自社で利用していた海外製ERPをリプレースし、「SuperStream-NX」を採用したと発表した。

 大興電子通信では、約10年前からSuperStreamの人事、給与管理システムを使用しており、SuperStreamの日本の商習慣にマッチした国産ならではの機能を評価しているという。今回、新しい会計システムとして「SuperStream-NX 統合会計」を採用することで、会計と人事・給与という企業のバックエンドシステムの統合を可能にするとしている。

 また、今回の会計システムは、現在利用している海外製ERPで新たに会計システムを構築する場合と比較して、TCOを約3分の1に削減できるものと大興電子通信は見込んでいるという(TCO算出期間を、システム導入時から5年間とした場合)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

GRANDIT 【双日システムズ】 Plaza-i:輸出入貿易商社向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 無駄な投資なく競争力を強化できる「業種特化型ERP」とは 【日立ソリューションズ】 Infor SyteLine 【日立システムズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 輸出入・為替予約管理、案件別採算管理、ロット・シリアル等多様な在庫管理、複数拠点の複雑な物流が必要な専門商社業務に最適なERPパッケージ。【直販のみ】 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 商社・卸業の業績拡大にはERP活用が必須だ。しかし導入に失敗した、運用コストが膨らみ続けたといった経験はないだろうか。業種特化型ERPが従来の課題を解消に導くだろう。 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054830


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ