採用:アスクル、TISとSASで統合マーケティング基盤を刷新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アスクル、TISとSASで統合マーケティング基盤を刷新


掲載日:2014/04/16


News

 TIS株式会社は、アスクル株式会社が、顧客サービスの拡充を目的に行なった“マーケティング基盤システムの刷新”を支援したと発表した。

 今回のマーケティング基盤システムには、SAS Institute Japan株式会社(SAS)が提供する顧客分析ソリューション「SAS Customer Intelligence」の中核をなす「SAS Marketing Automation」を採用しているという。

 アスクルの従来のシステムでは、顧客に関する情報が複数のシステムに散在し、データ抽出や分析を個別に行ない、一元管理できていない点が課題となっていたという。「SAS Customer Intelligence」を活用した新マーケティング基盤システムの導入により、システムごとに散在した情報を一元的に統合し、横断的な分析を行なうことで、顧客購買行動のより深い理解と、より効果的なOne to Oneマーケティングを支援するとしている。このマーケティング基盤システムは2013年6月から稼働しているという。

 今回TISとSASは、様々なオンライン、オフラインデータを統合したデータ分析基盤の構築、及び「SAS Customer Intelligence」による顧客分析に基づくメールマーケティング、Webチャネルへの配信までのオートメーション化に加えて、顧客分析作業のサポート、クラウドサービス上で稼働する外部システムとの連携開発を担当したと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】 現場力を最大化するCRM基盤 やずや社長が語る通販システムの「極意」 【日本電気株式会社】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 CRMソリューション「Visionary」 【フュートレック】
CRM CRM CRM CRM CRM
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない やずや 導入事例:通販システムを少人数で効率的に――CRM導入の舞台裏に迫る 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054826


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ