コイニー、OpenSSLのHeartbleed脆弱性に対処

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コイニー、OpenSSLのHeartbleed脆弱性に対処


掲載日:2014/04/16


News

 コイニー株式会社は、OpenSSLの“Heartbleed”脆弱性 (CVE-2014-0160)に対し、同社が提供するスマートフォンやタブレットを使ったクレジットカード決済サービス「Coiney」のセキュリティチェックを実施し、OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性の影響を受けないことが確認できたことを発表した。

 コイニーによると、Webサイトと利用者コンピュータとの間で安全な通信を可能にするOpenSSLの特定バージョンに4月7日、重大な脆弱性があることが発見されたという。これは、悪意のある攻撃者がセキュア通信を傍受することで、Webサーバ上のプロセスメモリ内容からログイン情報や個人データなどの機密情報を盗み出すことができる状況だと伝えている。

 同社はこの問題に対し、ユーザである事業者のデータ保護を最優先事項として捉え、同社が利用しているクラウドサービスの「Amazon Web Services」(AWS)において、4月9日から11日の3日間、セキュリティ上に問題がないかを検証し、14日にOpenSSLの脆弱性“Heartbleed”対策のため、SSL証明書を新たに再発行したとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 x86サーバのキーマンによる対談からx86サーバの魅力を解説 【レノボ・ジャパン株式会社】
バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 PCサーバ
企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。 肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054820



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ