東陽テクニカなど、会員制IT機器ベンチマークテストサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカなど、会員制IT機器ベンチマークテストサービス提供


掲載日:2014/04/16


News

 株式会社東陽テクニカとパステル・ネットワークス株式会社は、会員制のIT機器ベンチマークテストサービス「@benchmark」の提供を開始した。サービスの会員登録料は、月額5万円(最低利用期間6ヵ月)または年額55万円。

 「@benchmark」は、ユーザやSIサービス会社などが、IT機器を的確に選定し、効果的に導入できるように支援することが目的のサービス。登録会員の依頼に応じて、実環境に近い設定で各種IT機器の検証を、ベンダに非依存の中立な立場で行なう。検証は、東陽テクニカの“電子技術センター”で行なわれ、約1週間〜10日間で結果が得られる(テスト内容により変動)。テスト結果は、依頼主に提供されるほか、会員サイト上で公開(依頼主情報は非公開)され、全会員が閲覧/再利用できる。また、テスト結果の数値の読み取り方など、テスト専門家の技術解説が公開され、テスト結果の活用促進が図られるほか、会員同士が自由に情報交換できるWebコミュニティ(SNS)も提供され、マニュアルに未記載の情報や、製品設置の際の裏技などを自由に情報交換できる。

 ベンチマークテストの対象機器は、ネットワーク機器、サーバー、ストレージ、UTM(統合脅威管理)、ロードバランサなど(4月現在)で、順次拡大される。なお、対象機器(デモ機可)は依頼主(会員)が手配する。対象項目は、スループット、最大転送レート、レイテンシ(遅延)、TCPトラフィック帯域、新規セッションレート、最大TCPコネクション保持数、書き込み/読み込みスピード測定、毎秒コール数、MOS値/R値(音声品質評価)、実効消費電力で、リクエストで追加できる。

 所要期間は1週間〜10日間で、テスト内容で変動する。テストレポートの著作権は@benchmarkに帰属し、@benchmarkのWeb上で、使用機器やソフトウェアのバージョン情報、検証機器情報、環境や日時などが公開される。@benchmarkのWeb上で公開されているレポートは、出典を明記した上で、自社内の検討資料や提案資料として利用できる。なお、テスト結果の非公開を希望する場合は、別途有償で検証を依頼できるサービス(プロフェッショナルテストサービス)を利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「パフォーマンス診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「パフォーマンス診断」関連情報をランダムに表示しています。

「パフォーマンス診断」関連の製品

健康診断と同様に仮想化基盤を明快に判定「仮想化健康診断」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
パフォーマンス診断
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054819


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ