事例:松浦市役所、フルノシステムズの無線LANインフラを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:松浦市役所、フルノシステムズの無線LANインフラを採用


掲載日:2014/04/14


News

 株式会社フルノシステムズは、同社と株式会社富士通エフサスが、松浦市役所の庁舎内の新規ネットワーク整備において、“無線ネットワーク”を構築したと発表した。

 松浦市役所では、2003年に地域イントラとして、光無線LANシステムを導入したが、時代の変遷とともに、システム適用能力やトータルコストメリットの低下がみられ、市役所全体のネットワーク環境の整備が必要となってきたという。

 そこで、運用側での一元管理できる使いやすさや導入コストメリットなどを指標とし、富士通エフサスで様々なベンダの機器を評価したうえで、フルノシステムズのアクセスポイント「ACERA」とネットワークを一元管理できる「UNIFAS」の導入に至ったと伝えている。

 システム運用においては、従来から運用しているサーバへ、UNIFASサーバを追加して仮想化しており、新たなハード機器の追加投資不要で、アクセスポイントを1000台まで管理できる仕組みになっていると述べている。また、アクセスポイントは、1Fの市民ロビーから5Fの監査事務局まで含めて、庁舎全体で24台導入され、接続端末数も約300台のPCが常時アクセスしており、安定した稼働を可能にしたと述べている。

 同市役所では、将来的にペーパーレス会議やタブレットの活用が進んでくるとして、今回のインフラ対応で、活用できる選択が増えたことを高く評価していると伝えている。また、外部機関の情報システムとの連携も可能なことから、無線LANの活用範囲が広がってくることが予想でき、住民への無線LAN対応も含めた、充実したサービスを提供できることに期待していると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN 無線LAN
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054764


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ