I-Oデータ等、ファイルサーバアクセスログ取得ソフトを相互検証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ等、ファイルサーバアクセスログ取得ソフトを相互検証


掲載日:2014/04/11


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、アズビル セキュリティフライデー株式会社(セキュリティフライデー)と、パケットキャプチャ方式によりWindowsファイル共有を解析し、アクセスログの生成ができるソフトウェア「VISUACT」の動作検証をI-Oデータのアプライアンスプラットフォーム(特定用途向けプラットフォーム)商品及びミラーリング専用ボックスにて実施し、相互接続性を公式認定したと発表した。

 相互検証内容については、「VISUACT-L」によりアクセスログが取得できる機器として、Windows Embedded Standard 7を搭載した同社製アプライアンスプラットフォーム「HDL-Z2WE」シリーズ、パケットのコピーを行なうのに同社製ミラーリング専用ボックス「BX-MR1」を使用し、アクセスログが取得できることを確認したと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054731



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ