採用:北川工業、海外7拠点にB-EN-GのグローバルERPを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:北川工業、海外7拠点にB-EN-GのグローバルERPを採用


掲載日:2014/04/11


News

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)は、北川工業株式会社がB-EN-GのグローバルERPシステム「A.S.I.A.」を採用し、海外7拠点で稼動中であることを発表した。

 「A.S.I.A.」は、日本企業の商習慣に立脚しながら、グローバルでの経営管理をサポートする日本発のグローバルERPパッケージ。多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった様々な業務に対応する機能モジュールを備えている。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理に対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるため、グローバルグループ経営のためのインフラとして活用できる。

 北川工業は、高精度な電子部品を世界中の機器メーカーに供給する企業。同社では、従来の各拠点任せのバラバラなシステムから収集される活動情報には限界があったと述べている。解決策として、グローバルに対応できる情報基盤の構築が必要不可欠と判断し、2009年3月に市場変化への迅速な対応をねらいとしたERP導入プロジェクトを始動させたと伝えている。

 同プロジェクトのベースシステムに、“アジア(海外)での様々な導入実績を持つ国産パッケージ”であること、“海外での柔軟なサポート体制”を備えていること、“ローカルパッケージとの連携に対応”していることを選定のポイントとして、同パッケージが採用されたとしている。

 また、同社では、同社グループの連結決算の早期化、精度向上や、グローバル事業基盤の確立といった目的に対し、全海外営業拠点各種実績の完全把握や全海外営業拠点の業務の標準化推進による効率化という目標を達成しつつあると述べている。

 なお、同プロジェクトは、企画・提案、コンサルティングを含め、設計・開発、保守まで一貫してB-EN-Gが担当したと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】 BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。 SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054721


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ